前へ
次へ

スキンケアで通常のパックとシートパック

肌の保湿をするのにいいとしてパックがあるかもしれません。
専用の化粧用品を使うこともあれば、レモンやキュウリなどを使う方法もあるようです。
専用の用品の中には保湿をしたいところに成分を塗り、しばらくそのままにして成分が浸透するのを待ちます。
ただそのままにしておくことはできず、終われば成分をきちんと拭き取り洗う必要があります。
クリーム状のパックだと後で洗うのが面倒だからとシートパックを使う人もいるようです。
スキンケア用品としてシートパックがありますが、こちらは成分をシートに浸み込ませていてそれを肌の上に載せて使います。
そのうちシートに含まれる成分が肌に浸透して効果を得ることができますが、シートパックならではの問題もあります。
シートに浸み込ませてあるので水分が多く、乾燥しやすくなっているのが問題と言えるでしょう。
スキンケアをする上では少し面倒ですがクリーム状など肌に固定されるタイプの方が保湿成分を吸収しやすくなります。

Page Top